環境基本理念

2017年6月9日更新

環境基本理念

ミツミグループは、地球環境問題(自然・環境との調和)との対応を経営の最重要課題の一つとして位置付け、企業活動のあらゆる面で地球環境の保全はもちろん世界の動きに誠意をもって協調し行動する。

環境保護推進活動のあゆみ

1990/01全社臨時フロン対策委員会設置
1993/06特定フロン、トリクロロエタンを全廃。環境本部設置
1993/12全社環境委員会設置
1994/08環境保護推進活動計画(ボランタリープラン)策定
1997/01ミツミニューテクがISO14001認証取得(グループ初)
1998/01国内全生産拠点(7拠点)でISO14001認証取得完了
1999/03海外主要生産拠点(13拠点)でISO14001認証取得完了
1999/09全社鉛フリー化推進委員会設置
2000/12有機塩素系化合物(ジクロロメタン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン)を全廃
2001/02ミツミホームページにミツミの環境活動を掲載
2002/02全社化学物質管理プロジェクト設置
2002/07国内外の主要生産拠点に蛍光X線分析装置導入開始
2002/10環境関連化学物質管理規定の制定
2003/01国内外・主要生産拠点の環境品質内部監査を開始
2004/02ミツミ環境報告書2003を創刊
2004/02ISO14001国内統合化推進活動を開始
2004/08全社共通の環境方針、環境マニュアル、規定類を制定
2005/01ISO14001国内統合認証を取得
2006/01ISO14001国内統合認証に千歳事業所を追加
2006/03国内全事業所でゼロエミッションを達成
2006/11ガスクロマトグラフ質量分析計導入開始
2006/12化学物質に関する海外サプライヤー説明会開催
2007/04第二次環境保護推進活動(ボランタリープラン)策定
2007/05化学物質管理に関する国内サプライヤー説明会開催
2008/03ISO/IEC17025試験所認定を取得
2008/03化学物質に関する海外サプライヤー説明会開催
2009/02従来の環境報告書にCSRを含めた「CSR REPORT 2008」を刊行
2009/10国内外ミツミグループ全体のISO14001グローバル認証取得の取組み開始を宣言
2010/02国内外ミツミグループ全体の環境方針を発行
2010/03中国 天津ミツミでISO/IEC17025試験所認定を取得
2010/12国内外ミツミグループ ISO14001グローバル認証を取得
2011/05ミツミグループ環境方針に生物多様性の保全を追加
2011/06
〜10
化学物質管理等に関する海外サプライヤー説明会開催

環境保護推進体制

ISO14001認証取得状況

ミツミ電機グループでは、国内事業所7拠点と生産設備を持つ海外11拠点で、ISO14001の認証を取得していましたが、2010年12月に国内外18拠点でグローバル認証を取得しました。
会社名 認証取得日 審査登録機関
ミツミ電機株式会社 本社地区 1997/12/19 (財)電気安全環境研究所(JET)
ミツミ電機株式会社 厚木事業所 1997/10/22
ミツミ電機株式会社 秋田事業所 1997/11/06
ミツミ電機株式会社 山形事業所 1997/11/06
ミツミ電機株式会社 水戸分室 1997/01/23
ミツミ電機株式会社 九州事業所 1998/01/26
ミツミ電機株式会社 千歳事業所 1998/01/27
台北ミツミ股份有限公司 1997/12/26
台湾ミツミ股份有限公司 1997/11/28
ミツミフィリピン 1998/02/20
セブミツミ 1998/04/03
ミツミテクノロジーマレーシア 1999/03/22
珠海ミツミ電機有限公司 1998/02/11
青島ミツミ電機有限公司 1998/05/11
天津ミツミ電機有限公司 1998/08/10
呉江ミツミ電子有限公司 2005/05/25
タイミツミ 2002/12/30

ミツミグループグリーン調達基準書

グリーン調達及びCSR調達に関するお取引先様へのお願い事項を「グリーン調達基準書」としてとりまとめましたので、ご理解、ご協力をお願い致します。
本規程には、下記に関するお願い事項が記載されています。
  • 環境マネジメントシステムの構築
  • 環境関連化学物質管理の適正管理
  • 生物多様性保全への取り組み
  • CSR調達の推進
  日本語版 英語版 中国語版
(繁体字)
最新版日付
グリーン調達
基準書
2015/10/9
規定のファイル形式は、アドビシステムズ社のドキュメント形式(PDF)で作成しております

環境関連化学物質管理基準

ミツミグループ全体では、環境関連化学物質の管理に関する基準を制定し、公開しております。
法規制の変更、社会の動向、お客様の要望などにより見直し、更新する場合は当ホームページにて随時お知らせしてまいります。
本規程は、大きく下記の8項目で構成しています。
  • 目的
  • 適用範囲
  • 運用
  • 取引先様へのお願い事項
  • 用語の定義
  • 環境関連化学物質リスト
  • 制定、改廃
  • 本基準に関するお問い合わせ先
  日本語版 英語版 中国語版
(繁体字)
最新版日付
基準本文 2017/06/09
不使用証明書
分析データ照合表
成分表
2017/06/09
規定のファイル形式は、アドビシステムズ社のドキュメント形式(PDF)及び圧縮(ZIP)された
マイクロソフト社のエクセル形式で作成しております